一級建築士だからこそご提案できるリフォームがあり、年齢に応じた住みやすさやご家族の将来まで考えたリフォームをいたします!リフォームは岐阜県大垣市の中部建築設計へ

0584-91-0255
お問い合わせ

代表挨拶

代表挨拶

一級建築士:松岡敏政 代表挨拶

父の背中を見て育ち、建築の道を志す

私の父は大工で「中部建築」として会社をやっていました。父は設計士ではないので、設計は設計士の方にお願いをしていましたが、小さいながらも地元の工務店として地域の方のために頑張って仕事をしていました。

小さなころから建築に触れて育ったので、小学生のときには“将来は父のように自分も建築の世界で働きたいなぁ”と考えるようになりました。

中学生になると、夏休みなど長期休暇に現場仕事の手伝いをしたりしましたよ。
高校は工業高校へ進学。
建築科で建築について学び、卒業後はもちろん建築の道に進もう!と大垣にある工務店に就職しました。

住宅を造りたいと思い退社 そして中部建築へ

本社では住宅も扱う会社でしたが、私が働く支店では主に鉄塔の基礎造りの仕事をしていました。

仕事をしていくうちに、自分は一般住宅に携わる仕事がしたいと思うようになり、本社への移動を希望しましたが希望が叶わず・・・。
なので退社として父と一緒に仕事をしようと「中部建築」に入社しました。

そして自社で設計から施工まで全て出来れば、お客様との意思疎通がしっかりとおこなえる・お客様の要望を叶える家造りが出来るのではと思い建築士免許の取得を目指しました。
その後の平成7年に2級建築士を取得して、平成19年には念願の1級建築士を取得しました。

中部建築から中部建築設計へ

中部建築に入社して20ほど父と一緒に仕事をしていましたが、今から約3年前に父が他界しました・・・。私が会社を継ぐので、これを機に社名を変えようかとも考えました。

もともと「中部建築」というのは、父が社名に自分の名前を入れたくなくて中部地域の中部から付けた名前なんです。
地元の方に長く愛され、父が大切にしていた「中部建築」という名前を無くすのではなく中部建築として会社を続けたいし、自分は設計士としての仕事もしていきたい・・・。

そこで名前を「中部建築設計」に改めて父の想いを引き継ぎながら再スタートを切るのでした。

使いやすくて快適と思ってもらいたい

私は、お客様に「使いやすくて快適な家で過ごしてもらいたい」と思っています。

使いやすさの基準は人それぞれですが私は、
・家の中の移動距離が短くて楽
・掃除が楽
・体への負担が少ない事

と言うことが使いやすい家だと思っています。
そして、家に帰りたいなと思える家こそ快適な家だと思っています。

仕事をしているお父さんなら、早く家族が待つ家に帰って家族と過ごしたいと思ったり。
ご夫婦で住まわれている方だと、2人で住みやすいのんびりできる家でありたいと思ったり。
そんな風に思える家であって欲しいですね。

得意なものは、水周りリフォームです!!

数あるリフォームの中でも私は「水周りリフォーム」が得意です。
自社施工ならではの金額でご提供できますし、水周りの配管まで自社ではやっちゃいます!
これは自社施工の強みです。

これまでに数々の水周りリフォームをおこなってきました。
だいたいの商品や設備のことが頭に入っているので、このリフォームなら何が必要なのか、納まり具合がどうなのか、使ってからの生活環境はどうなのか?ということを把握・熟知しているんです。
そのため、お客様のご希望に応じてより良いご提案をさせていただけますよ。

そして、ご提案には“3Dパース”を使用しています。住まいに使い勝手が悪くて不満に思うところがあっても、どうしたら良くなるのか、どんなふうにリフォームをしたらよいのかイメージが湧かない、という方に3Dパースがオススメなんですよ。
立体的に見ることでイメージがしやすくなり、イメージをしていた方も3Dパースを見ることでよりイメージが膨らみますよ。

ただお客様が喜ぶ姿が見たくて

この仕事をしていて嬉しいと思うときは、お客様から、「ありがとう」と言っていただけた時です。
建築士というと堅そう、敷居が高そうなどと思われがちですが、そのような事はありませんよ。
なんでも気軽にご相談いただけたらと思っています。

今後も、「中部建築設計に頼んで良かった」「またリピートしたいな」など思って頂ける方が増えたらいいなと思います。
そのためにも、これからもお客様の事を想い設計・施工することを続けていきたいと思います。

こだわりの理由

コンセプト

メールでのお問い合せはこちら

上部に戻る